読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職のご報告

私事で恐縮ですが、とは言いながらもこのブログに私事以外のことを書いた記憶がほぼ無いので本当は全く恐縮していないのですが、この度転職いたしました。


2013年に株式会社アイリッジ(今年の7月に上場して感慨深いです)のCTO職を辞して株式会社リーディングマークのCTOを務め、リーディングマーク社においては『レクミー』という新卒学生向け動画サービスを作ったりして、世の中を変え得るチャレンジングなプロダクトに携わっていました。現在の就活のあり方はおかしなことだらけで、かつそれに気付く人が世の中に増えてきているので、構造を大きく変えるチャンスはまさに今あるものだと感じています。


にも関わらずわずか20ヶ月で退職するに至ったことについては、自身の力不足を痛感せざるを得ません。人生における最大の失敗と言えるかもしれません。本当に恥ずかしすぎます。どれくらい恥ずかしいかと言うと、土曜日の昼下がりに渋谷のスクランブル交差点のド真ん中で「1は素数だ!」と大声で叫ぶくらい恥ずかしいです。


辞めた理由を端的に記しておくと、社内の重要なポストに就いている人物が、社内はおろか社外の方々との約束まで平然と軽視(≒ブッチ)したり、あるいはそれに準ずる(それを超える?)ことを恒常的に行い、反省せず責任も取らず改善もせず筋の通らない言い訳しかしない、という状況が長らく続いており、氏の改善のために少なからず時間を費やしたものの一向に改善することができなかったので、またその改善されない状況を是とする経営判断が行われてしまったので、これは無理だなぁと判断し辞職するに至りました。


僕だけでなく、他では見たことないくらいに優秀な中途入社の方々も既に何名か辞めてしまいました。まだ残っている従業員の方々や前途洋々なインターンの方々を思うとかなり辛いものがありますが、皆さんのことは大好きなので草場の陰で応援しています。




前置きが長くなってしまいました。




どこからともなく、


「んで、結局どこの会社に転職したのよ!?」


という声が聞こえてきます。





「1が素数wwwww恥ずかしすぎるwwwグフフwwwwグフッwwwwブヒヒヒwwww」


という声も聞こえてきました。(幻聴)




さて、この夏より、株式会社マイクロベースという小さな小さなベンチャー企業でCTOを務めることとなりました。


従業員数こそまだまだ少ない(ジョインした時点では社長と僕とインターンの方々+αだけ)のですが、マイクロベースが持っているデータはとてもユニークで面白いものばかりです。地理情報に紐付いた高精度の人口統計や2040年の人口予測データを始めとして、あらゆるデータが既に作成されており、また今後増やしていく計画があります。社長が東大の博士号を持っている筋金入りのデータマニアで、参入障壁が極めて高いデータを高速に・省リソースで作ることができるのです。この能力と環境には目を見張るものがあります。


一方で僕の強みとしては、いくらかのWebサービスやアプリを創った知見/人並み程度の数理情報学の素養/チームビルディングの経験、などがあるので、組み合わせたら面白そうだなと思い人生を賭けてみた次第です。


社長が1人でやっている会社に2人目としてジョインするのは、アイリッジの時以来2度目の経験となります。前回は独身でしたし何とでもなりましたが今回はそうもいかないので、慎重かつスピーディに全力で頑張っていきたいと思います。興味のある方は是非お話しましょう。株式会社マイクロベースをよろしくお願いいたします。


なお、5月から7月までの間はフリーランスとして働きながら転職活動を細々と行っておりました。転職サイトに登録せずともいくつもの素晴らしい会社からお声がけをいただき、日頃お世話になっている皆様には文字通り本当にお世話になっていたのだなぁと感激することひとしおでした。皆様への感謝の気持ちを忘れず、いつか御恩をお返しするつもりで、気持ち新たに開発者人生を謳歌していきたいと思います。



長くなりましたが、今後共どうぞよろしくお願いいたします。