読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素数について愛を語らう。 vol.2

素数が大好きなことで定評のある僕ですが、本当は素数のことはあまり好きではありません。難しいのです。難しすぎるのです。本当に難しすぎてついていけないのです。

素数を好きか嫌いかで言えば、

生後「おぎゃー、おぎゃー、そすー」
11歳「素数って無限にあるんだ! 証明かっこいい!」
12歳「恩師からもらった『コンピューターと素因子分解』って本おもろー」
17歳「素数判定のコードって何回書いても幸せ」
19歳「素数に関する定理を見つけたので川崎の定理と名付けよう」
23歳「テニス楽しいなー」
29歳「素数のこと…やっぱり好き…」
31歳「実は合成数もちょっと好き」

という人生を歩んできたので、きっとそれなりに好きではあります。年齢が全部素数じゃないのかよ!と心の中でツッコんだ人は多分気持ち悪い人ですのでどうぞ一刻も早くお帰りください。

会う人会う人に「なんで素数が好きなんですか?」「1って素数なんですか?」「ブログに素数のこと全然書いてないじゃないですか!(激おこ)」とか良く言われるのですが、素数が好きになった経緯はこちらに書いてありますので暇すぎて死にそうな方はご覧ください。




さて本題ですが、目の前の数字が素数かどうかが気になってしょうがないことってありますよね。

例えば夜眠れなくて素数を数えているときとか、車を運転していて眠くなって前を走っている車のナンバープレートを素因数分解して目を覚まそうとしてるときとか、古今東西素数ゲームいぇーい!とサークルでゲームに興じているときとか。

そんなときに携帯でササッと調べられるようなサイトを昔作ったことを思い出したので、リンクを張っておきます。

http://prime.pheromone.jp/

このサイトは「高速に素数判定したいなー」とかぼんやり考えていた時に気がついたら作っていたものなのですが、その際に参考にしたサイトはこちらになります。

Pythonを使って高速素数判定をしてみる - Pashango’s Blog

正直、素数についてわかりやすくまとめたブログとかを書こうといくら足掻いてみても、上述のブログのわかりやすさには到底かなわないと思います。それぐらい良くまとまっている記事で、多分10回以上は見ています。もし素数に興味のある方がいたら、是非上記の記事をご一読いただいて損は無いでしょう。

というわけで、久々の素数ポストでした。

コンピュータと素因子分解

コンピュータと素因子分解