計算力を著しく向上させる方法

なんかテレビを見ていたら「学びブーム」と言ってたけしやら池上彰やらが出る番組の番宣をやっていたので、触発されて東大受験時にやっていた計算力向上法をブログに書いてみることにしました。ツイッターでは以前つぶやいたことあるし自分の周りの人にも何度も言ったことあるのですが、あっという間に計算速度が2倍になるので興味がある人は試してみてはいかがでしょうか。計算に慣れていない人(経験上9割の社会人が慣れていないです)は2倍とか3倍とか、本当にあっという間に高速になります。そろばん1級を取りましょう、とか、九九じゃなくて九九・九九を覚えましょう、みたいな無茶なことは言いません。お金もかからず、毎日1回計算するだけで効果抜群です。


方法は極めて簡単です。


1. まず、紙とペンとストップウォッチを用意します。

2. 1から9までの数字が1回ずつ現れるような、そんな無造作な9桁の数字を書いてください。

3. その数字の下に、同じように異なる9桁の数字を書いてください。

4. 2番目の数字に下線を引いて、ストップウォッチをスタートさせます。

5. さぁ、9桁×9桁の掛け算を筆算で解きましょう!


これを1日1回、毎日やります。寝る前、風呂上り、朝起きた後、昼食後、いつでも構いません。これだけで、計算速度がみるみる向上し、しかも計算の精度も大幅に上がります。最初のうちは答えが合っているかどうかは気にしなくて構いません(これがミソです)。初めてこの計算にチャレンジした人は、おそらく計算にそこそこ自信がある人でも5分とか8分ぐらいかかるかと思いますし、いきなり正解する人はいません。東大や京大出身の人を相手に試してみたことがありますが、最初から5分を切れた人は1人もいませんでしたし、誰一人違わず誤答です。でも、毎日やっているうちに3分を切れるようになるでしょう。正解もするようになるでしょう。


社会人になって計算速度が必要になることはおそらくありません。でも、計算速度が速いと便利な局面は実は少なからず存在しているはずです。脳トレのつもりで一度チャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね。


ちなみに僕の速度は2分30秒〜3分弱くらいです。