起動ができなくなるバグ

iPhoneを使い始めて1ヶ月余、
泣きたくなるような不具合に遭遇してしまいました。


外で風景の写真を撮っていて、
 1. 写真を撮る
 2. HOMEボタンを押す
 3. 電源ボタンを押す(長押しではない)
という行為を素早く実行し、
画面が黒くなった状態でiPhoneをポケットにしまいました。
1と2の行為の間には1秒程度のタイムラグがあり、
2と3の行為の間にはおそらく0.05秒程度のタイムラグしかありませんでした。


5分後くらいにポケットからiPhoneを取り出し
電源ボタンを押して(長押しでは無い)みたところ、
なんとiPhoneが起動しません。


バッテリーは70%程度残っていたはずなので
「何かの拍子に電源が落ちたのかな?」と思って
電源ボタンを長押ししてみましたが、
うんともすんとも言いません。


「こ、壊れた…?」
と思ってHOMEボタンを長押ししてみたり
電源ボタンをめちゃくちゃ長めに押してみたり
iPhoneをこすって温めてみたり
「くぁwせdrftgyふじこlp;@」と叫んでみたり
色々やってみましたが全然起動しません。


そこでネットで調べたら同様の症状の人が何人か見受けられて、
「電源ボタンとHOMEボタンを同時に20秒押し続けると直る可能性がある」
ということがわかったので早速試してみたところ、
両ボタンを押しっぱなしにして丁度10秒経った瞬間に
なんと起動しました!


かじられた白いリンゴのマークが画面に出たときの
安堵っぷりと言ったらそれはもう感動的なもの。
その瞬間の気持ちを全世界の人が同時に感じていたら
戦争はきっと起こらないだろうな、という程の安堵でした。
(全世界の人が同時に戦争以外の何かをしていたら戦争は起こらない、という話は置いておいて。)


というわけで、同様の症状が見られたら気を付けて下さい。
ちなみに起動したときはバッテリーが消費されていて、
なぜか36%しか残っていませんでしたが、
数秒経つとバッテリー残量を再計測したのか
残量が68%という表示になりました。