読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日100万PV

1日はたった86,400秒しかないのに、
それでも1日に100万回もアクセスされてしまうサービスを管理しています。
そこで問題となってくるのがサーバの負荷の問題です。


平均すると1秒間で12アクセス程度ですが、
ピーク時(23時〜25時)には
1秒間で70アクセスとか100アクセスあるわけです。
そのリクエストにきっちり応答するためには、
1回のアクセスをコンスタントに10ミリ秒とか15ミリ秒で
処理して結果を返してあげる必要があります。
(正確にはもう少しゆとりはありますが。)


これがなかなか難しいわけです。


私の考えとしては、
とりあえずお金さえ積めば何も作業しなくても
動的にスケールアップを図れる、Google App Engine(GAE)を使うのが良いかと。
GAEはある一定値までのアクセスに対しては、無料です。
あるいは半自動的ではありますが、EC2も良いかもしれません。
少々不安定なのがいただけませんが、安価にスケールさせるためには有効です。


アクセス数が多くなる度に自前でサーバを増強していては、
アクセス数がもし減った際にかなりお金を捨てることになってしまいます。
秒間100アクセスに耐えられるサーバを用意しても
翌日に秒間20アクセスしかなければ、これは大損なわけです。
サーバ代をお客様に負担してもらったとしても、
それはより良いサービスを提供したことにはなりません。


サービスの性質にもよりますが、
今後利用者数が単調増加していく見込みが立っていない限りは、
迂闊にサーバを増築することは現実的ではないと思います。


ということを先週、社内で熱く議論していて、
やっと結論が出たところです。
クラウドって素晴らしいですね。