ウィルコムのHYBRID W-ZERO3所感

本日ヨドバシカメラに行ってウィルコムが1月28日に発売する新機種、
HYBRID W-ZERO3(以下、W-ZERO3
を触ってきました。
私が店に着いた頃にはすでに順番待ち状態で、
3人程が私よりも先に熱心にW-ZERO3を触っていました。


NEXUS ONEかW-ZERO3か…等と思っていたのですが、
実際に触ってみてビックリ、私が思っていたものとは異なったようです。
というのも、タッチパネルが感圧式のセンサーなのですが、
私の想像よりもはるかに反応速度が遅かったのです。
これだったらまだiPhoneを買った方が楽しめそうです。
スクロールするときにいちいちグッと強めに押さなければならないのは
1日に携帯を触る回数を考えるとかなりストレスフルです。
(もちろんW-ZERO3WiFi対応や無線LANアクセスポイントとしての使い道は魅力的なのですが。)


また、ブラウザの拡大・縮小機能がやりづらくて仕方ありませんでした。
iPhoneであれば人差し指と親指でサッとこすっておしまいですが、
W-ZERO3の場合は

  • 右下のアイコンをクリック
  • スライドバーで拡大率を調整

という2ステップが必要になってしまいます。


というわけで、au+e-mobileW-ZERO3に置き換えることはなくなりました。
現在私はSONY ERICSSON製のS001(サイバーショット携帯)を使用していて、
少なくともそれよりは反応速度が早くなければリプレイスすることは考えられません。


かなり期待していただけに、少し残念です。
お店の人は「今予約しても発売日には入手できませんよ!」等と言っていましたが、
予約した人は実機を触ってみて購入を検討したのでしょうか、気になるところです。


とりあえずソフトバンクから春に発売か?と噂されているNEXUS ONEに期待です。
もちろんXPERIA X10にも期待しています。